読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レジデントノート

米国にて内科修行中。何ができるか模索している過程を記録していく

入院時ノート ⑨ 痙攣

<現病歴>

目撃情報:持続時間    痙攣部位     痙攣後の意識変化     

痙攣発症前の症状:

抗てんかん薬服薬状況:                  

発熱 -/+)頭痛(-/+)嘔吐(-/+)麻痺-/+)眼前暗黒感(-/+)失禁(-/+)

<既往歴>てんかん(-/+)

<外来内服薬> 抗てんかん薬(-/+:     ) 

<社会歴> アルコール      タバコ      ドラッグ

<家族歴> 

<身体所見> T            P            BP           RR         SpO2  

頭部外傷所見-/+) 舌咬傷-/+) 項部硬直-/+)

心音      呼吸音      腹部

神経

<救外経過>

WBC    PLT    Na    Cl    HCO3    BUN     Cre    Glu    Ca    AST    ALT   ALP   T-bil

ETOH level                             urine drug screen

頭部CT:

投与薬剤:lorazepam    mg iv x          phenytoin 1 gram iv

airway protection-/+:     )

 

<ASSESSMENT>

痙攣

誘因:AED noncompliance / withdrawal / drug abuse / meds / metabolic / infection / intracranial lesion /

救外治療後 痙攣:                         意識:                       呼吸状態:

 

<PLAN>

一般病棟/ICUに入院

評価

持続心電図モニター

神経所見チェック 1・2・4時間毎

Mg, Phosを救外血液検査に追加

(抗てんかん薬血中濃度を救外血液検査に追加)

(NH3, 血培2セット)

(脳波)

(腰椎穿刺)

(頭部MRI / MRA)

(神経内科コンサルト)

(finger stick glucose check:4・6時間毎)

daily check for Mg, phos 

治療

(痙攣誘発の可能性のある薬剤を中止)

痙攣時 lorazepam 2~4 mg iv 2分毎 (diazepam 5-10mg iv)

(外来抗てんかん薬継続)

(外来抗てんかん薬不明あるいは投与不能時:phenytoin 100mg iv 8時間毎  or  leviteracitam 500mg iv 12時間毎)

(refractory:気道確保後、鎮静剤持続投与 propofol(血行動態安定時)or  midazolam(血行動態不安定時))

電解質適宜補正 

 

輸液: 生食持続     cc/hr

電解質: 適宜補正

栄養:   絶食

予防

深部静脈血栓: ヘパリン 5000単位皮下注1日2回 / 間歇的空気圧迫機

消化性潰瘍: なし/pantoprazole 40mg iv 1日1回

precaution 痙攣/誤嚥/転倒 

Disposition

神経内科外来フォロー

急変時:  Full code 

(薬剤選択・投与量: 米国一施設基準)

  

補足

Midazolam 100mg/NS 80ml

start at 1mg/hr titrate by 1mg/hr every 5min, maximum of 10mg/hr

 

Propofol 1000mg/100ml

start at 5mcg/kg/min, titrate by 5mcg/kg/min every 10min, to a maximum of 70mcg/kg/min